女性のひげ対策は産婦人科で

女性のひげ対策は産婦人科で

女性のひげ・・・もうご存知ですよね?多くのばりばり働く女性で、会社で、通勤で、思いっきりストレスが溜まっている女性は、ホルモンバランスが崩れるそうです。

 

ホルモンバランスが崩れるというのは、女性なら女性ホルモンが一杯のはずなのに、なぜか男性ホルモンが優位となって、ヒゲが生えるという現象ですね。
仕方ないと思います。

 

女性は男性より嗅覚がありますから、通勤時、オフィスでの加齢臭なども気になりますし、鳴っている電話を取らない派遣女性にも「どうして?」と思っているでしょう。
だから、ひげが生えるのはもう仕方がないと諦めましょう。

 

でも、だからといって、ひげが生えたまま開き直るのはどうなのかなと思います。仕事ができる女性だからこそきらきらと輝いて欲しいと思いませんか?

 

だから、ひげが1本生えているけど、取引先の偉い方と会食とかはやめましょうね。

 

まずは、ひげが生えている本数です。あまりに多くて、ひげを剃っても青く残り、ぽつぽつ跡がわかるぐらいなら、医療脱毛で少なくすればいいと思います。

 

永久脱毛を全部するには、たくさん生えていたら費用も期間もけっこう必要ですので、その間は電気シェーバーで剃るぐらいしかありません。決して毛抜きで抜くようなことはやめてくださいね。

 

毛穴周辺の細胞は引っ張られて損傷しますし、バイ菌が入って化膿することにもなります。

 

あとは、刺激を与え続けることでメラニン生成を肌が始めると、ひげよりも、皮膚の黒ずみが気になってくるかもしれません。だから、いくらひげが濃くでも毛抜きで抜くという行為だけはやめておきましょう。

 

それから、ひげの生えるメカニズムの詳細は不明ですが、ホルモンバランスが崩れている。男性ホルモンが優位だということから、女性ホルモン優位になるようにすればいいのですから、そういう食事やサプリを摂取します。代表的な成分はイソフラボンですよね。

 

それ以外にも産婦人科、婦人科診療所(クリニック)で更年期障害様にホルモン補充法という施術を受けられます。これは更年期障害に対する治療なのです。

 

しかし、今では更年期の若年化が進んでいるため、更年期外来というクリニックを探して、症状を説明すれば、女性ホルモン補充をしてくれます。つまり、更年期に発生する様々な症状を緩和してくれるために、ひげが薄くなるというのも1つですが、PMS(月経前症候群)の症状もなくなります。

 

一度更年期外来という病院を探してみてはどうでしょうか?

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?