産毛が濃い原因は?

産毛が濃い原因は?

人の顔には産毛が生えていますが、大抵は細く薄いので気になりません。しかし、それが濃くなることで髭のように見えてしまい、悩む女性は多くいます。なぜ、本来薄いはずの顔の産毛が濃いのでしょうか。その原因は体内のホルモンバランスにあります。

 

女性の体内には主に女性ホルモンが存在し、これが体毛が濃くなるのを抑制しています。しかし、リーダーシップを取る仕事をしていたり、生活習慣などが不規則になると体内の女性ホルモンは減少して男性ホルモンが増えてしまいます。そのため、顔の産毛が濃くなり、髭のように見えてしまうのです。

 

このようなことから、顔のムダ毛が濃いと感じたら、その原因は体内のホルモンバランスかもしれません。

 

そんな時におすすめなのが「ノイス」です。除毛クリームですが、ホルモンバランスを整える成分も配合されているため、体毛が濃くなるのを抑制することができます。さらに肌に負担をかけずに使えるのでおすすめです。

 

産毛が濃くなったと感じたら慎重なお手入れを

女性にとって、顔の産毛は化粧のノリも悪くなりますし、処理をする人が多いです。

 

市販の脱毛クリームなどで処理をすることもありますが、かみそりなどで顔そりをして処理をする人も多くいます。かみそりなどを使って処理する人の中には、次第に産毛が濃くなったと感じる人もいます。人間の毛は基本的に剃れば剃るほど濃くなります。

 

個人差がありますが、中には女性でも濃くなってしまう人がいます。そういった人は、かみそりでの処理は向いていないケースが多いです。また、かみそりは個人での扱いは非常に不衛生と言われ、肌荒れの原因になることもあります。

 

顔の産毛処理をしていて、徐々に濃くなったと感じるようなことがある人は、負担の少ない脱毛クリームや処理の方法で試してみたり、場合によっては、クリニックなどのプロに相談することをオススメします。

 

濃くなってきたと思いながら続けてしまうと、余計に濃く、太くなってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

⇒産毛用のクリームについてもっと知りたい方はこちら